母さんのマラソン練習日誌

マラソン4年生になりました

「サブ4!」を見て思ったこと。遅ればせながら

今更ですが、ようやく日テレの「サブ4」の1回目をオンデマンドで見ました。

話題になってたので、どんなドラマだろう~。って見てみたら、若くてかわいい女子3人が4か月でサブ4しちゃうよ!という記録番組だったんですね。大ボケだよ(;'∀')

ちょっと路線は違うけど、岩本能史さんのヘビースモーカーの元キャバ嬢の本を思い出しました。

非常識マラソンメソッド ヘビースモーカーの元キャバ嬢がたった9ヵ月で3時間13分! (SB新書)
これね↑
そりゃ、岩本氏の鬼メニューについてこれる潜在能力があれば、走力もメキメキ上がるでしょうよ…。でも、普通はそれがなかなか(;・∀・)

 

で、番組の方も4か月で1時間以上タイム短縮ってことは相当な鬼メニュー?
と思いきや、至極一般的な内容でした。
サブ4を達成するのに必要なペース。理想的なフォーム、チャレンジャーの美女3名のプロフィール(ここが一番興味深いですね!)。

美女3人が岩本メソッドのソツケンで鬼シゴキに苦悶の表情で激走!!なんて絵が放送されたら、それはそれでおもしろい?いや、問題アリかしら…?走るの嫌いになっちゃ困るもんね。

 

そんな妄想はさておき、出演者の女性陣3名が4か月でサブ4を達成するかについては、今後のドキドキワクワクに置いておくとして、一通り視聴すればランニングの基礎が身に付く。という番組なら、一市民ランナーとしては楽しみな内容かも。

 

逆に、1回目の試走3kmで見事な女の子走りを披露した、(ほぼ)初心者ランナーの私たちだって、辛い練習に負けず、根性全開で頑張ったらサブ4出来ちゃったよ(涙)!的なストーリー展開になってくると、全国で故障ランナー続出というオチ?とならないだろうか?という心配も。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ここからは、オバちゃんサブ4ランナーさくらが自分勝手な感想を好き勝手に書きます。自分で読み返してもビール飲みながらクダ巻いてるような支離滅裂の内容なので、不快に思われても責任持てません。
いらねーよ!と思ったら、お帰りはこちらからどうぞ^^

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ このブログは今何位?→にほんブログ村 マラソン女性ランナー

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞ 

 

さて、この「サブ4!」
フルマラソン5時間台の記録を持つチャレンジャー3名の若くて美しい女性が、4か月でタイムを1時間以上縮めてサブ4を目指す!という番組です。

女子で5時間台の実力って、おそらく日常的にそれほど走りこんではいないランニング愛好者。または最近走り始めたよ。というランナーと思います。女子市民ランナーのボリュームゾーンでしょうか?

 

もちろん、このレベルから本格的なマラソン練習をしっかり積んでいっても、故障しにくい人もいるでしょう。そして、そういう人ほど短期間でタイムを上げていくのも確か。そんな話は物語性があるので、話題にもなりやすい。元キャバ嬢の本みたいに。

この「サブ4」チャレンジャーの3名も各々にフルマラソン経験なり、スケートやダンスなりの運動経験もあるよで、きっと視聴者の期待通りの走力アップを番組で見せてくれるのでしょう。

 

でも私は思う。
サブ4はそんなに甘くない。
いや、まだ番組終わってないので結果を決めつけちゃいかんけど^^;

 

5時間半から4か月でサブ4。不可能ではないけど、一般の視聴者を煽ったらあかんだろ。それ、危ないよ?って思うんですよね。
いきなり、そんなタイム狙いの練習を故障せずにできる初心者ランナーって、一種の才能を持った「恵まれた人々」なんじゃないかしら?
バランスがいいとか、体幹をうまく使って推進力を無駄なく出せるとか、そういうことをが無意識にできる才能。

 

だから、あまり一般的に勧められる内容ではないかと。
女子のサブ4達成率が12%という数字もそれを裏付けるのに十分じゃない?だって12%だよ?TOEICなら800点以上のレベルだよ!?
それを4か月で?ありえねー。素手でアイガー北壁に挑む位ありえねー。と私は思ったのです。まぁ、だから話題になるのかな。

 

自分がフルマラソン完走を目指して走り始めた3年前、ものの2か月で恥骨疲労骨折をして、医者から6ヶ月の運動停止を命じられた経験を思い起こしても、初心者が精神論やガッツを武器に4か月で達成できるほど女子のサブ4は甘くない。この疲労骨折の話はいつかまとめようと思いつつ、未だ筆が進まず^^;まぁそのうち。

  

テレビの女子ランナーさんは地力があるからなのか、練習風景でもサブ4ペースがキツイだの、無理だのと苦しそうな表情で弱音を吐いていても、さほど息も乱さずに喋りながら走っていたではありませんか。フォームだって、ちょっとアドバイスを貰ったらきれいに修正してたではありませんか。

ほら、あのチャレンジャーはやっぱり「普通の女子」じゃない!!
私なら「頭で理解しても、体は簡単についてこないんだよ!」ってなるんだけど。
ちょっと誰?歳の差のせいだって言ってるのは?キー!!わかってるわよ!

 

そんな様子から推測するに、初回はまだ爪を隠してる(隠されてる?)。って印象も受けたので、次回以降、徐々に大化けした走りを見せてくれるのでしょう。

でも、走ることに何の予備知識もなく「あの人たちに出来るなら、私にもできるかな?」とサブ4を目指して、いきなりサブ4ペースのキロ5’40で走り出すなんてことをしたら、私の二の舞です。フィニッシュゲートではなくて、整形外科の門をくぐることになるかもです。番組では短い距離といえ、いきなり5’40で走らせてたし。


おそらくこのブログを読んでいる人は、自分で情報の取捨選択ができるランナーの方がほとんどだと思うのでこんなこと書く必要もないとは思うけど、予備知識なしに鵜呑みにすると危ないと思う。

 

まぁ、それにしても「4か月でサブ4!」ってうたい文句。

まだお若いのに、そんなに急いでどこへ行く?私は残り時間が少ないから、少しばかり焦ってるけどねw

サブ4なんて、もっと長い目で取り組んでも良いのでは?と思うんだけどな。
大体、サブ4を目指す足づくりの所にもっと放映時間をかけてほしい位よ。じっくり作った脚は、きっとより長い年月、走ることを楽しませてくれると思うから。

 

走ることで生計を立てているわけではない市民ランナーにとって、マラソンの記録とその過程を楽しむ事って、趣味の一つでしかないんですよね。人生を豊かにするための趣味だし、楽しみ方も人それぞれでいいんだけど、やっぱり無茶はいかん。と思うわけです。

 

なんて書いてても、お前が言うな!って言われそうw
ラソン大会に出る以上、グリコのおまけみたいに付いてくる「記録達成の喜び」っていうエサ。このエサが欲しいばかりに若干…場合によっては相当の苦しみも伴う練習をしないとエサにありつけなくなってくるので「楽しむ=苦しむ」のバランスの取り具合は、実は私も模索中です。

趣味の域を超えない程度に。ってのは基本ではあるけど、家族からは既に変人扱いだしな。

 

あ、なんか話が収集付かなくなってきた。それに、書いてることも批判的になってきた。

 

つまり、あれよ。

こんだけありえねー!故障するよ、おい!!みたいな内容を書いた上で説得力もないですが、暖かくなってきたこの時期、こういう番組がきっかけでも外に出て走ることを始めて、願わくはそれが楽しい!と思える人が増えたらいいなぁ。なんて思いました。

…という事で、締めたいと思います(笑)。
今週第2回の放送があったのよね?そっちはまだ見てないので、ここまでの話がズレてたらスミマセン。

 

なんにせよ楽しく走れるのも、記録を伸ばせるのも、心身が健康であってこそ。
記録が伸びている時ほど、ダメージには気を付けて走って、走った後は全力でリカバリーよ。シニアは特に!回復に時間がかかるからね!!(切実)。

この番組を見て、改めてそんなことを思ったのでした。無理はいかんよ。

 

私の体調?前に書いた口内炎はようやく治ったけど、今度は左手が痺れて外側半分マヒして困ってるのよ。まぁ、次から次へとやんなっちゃうわ。病院行ったら、なんちゃら狭窄症の疑いがどーとか言われて、総合病院に回されちゃったわ。

この記事が予約投稿される頃には、さくらは病院でMRIの機械に入っております。あれ、うるさくて嫌なのよね…。大したことなかったらいいんだけどなー。

 

\みんなのポチが元気の源よ!今日も忘れずに頼んだわよ~!/

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ このブログは今何位?→にほんブログ村 マラソン女性ランナー