母さんのマラソン練習日誌

マラソン4年生になりました

ピアノ沼に沈んでいた夏休みのこと

昨日、娘の発表会が終わり、ピアノに明け暮れたさくら家の夏も終わりました。

別にコンクールに出るとか、お金貰って弾くとかじゃなくて、余暇&趣味&習い事レベルとしての音楽。だから、もっと気楽にやろうよ…。という気がしないでもないけど、これはマラソンも同じね。

せっかくの機会、できるだけの準備をして本番を迎えたい。という性分なのね(貧乏性?)。

反して、娘は私と正反対。発表会前も普段以上の練習をしません。なぜ今頑張らんのじゃぁー!!って思うけど、まぁそこは口に出さずにぐっとこらえるわ(だからイライラするw)。

 


そういや自分の発表会の打ち上げで、同門のお友達にも言われたわ。
「さくらさんって
 ほんっと自分を追い込むの好きですねwwww」

うん、そうかも…。

でも、夢中になれるものに全力投球するのって苦しい時もあるけど、やっぱり楽しいのよ。

 

てなわけで、子供が夏休みに入ったのを言い訳にしばらくはバイトも控えめにして、ピアノ練習をシゴキモードに切り替えた7月後半。
この数週間は時間の許す限りピアノにかじりついていました。

なのに、やる気とは裏腹に覚える端から抜け落ちる音譜。8年間で驚くほど衰えた我が記憶力!呆然唖然、アーメン、ソーメン冷やソーメン(古っ!)。

それでも出演すると決めたからには練習あるのみよ。
洗濯機が回っている数十分、自分の出勤前の数十分、夕飯の煮込みができるまでの週十分。
家事して育児して、子供の発表会の練習時間もあるし(うちにピアノは1台しかない)、まとまった時間をとるのは難しいけど、使える時間は全力でガチ練よ。衰える記憶力に抗って粘るのじゃ!
小出監督メニューで鍛えた私。全力で追い込むのには慣れっこだからね(^o^)/

それに弾けば弾くほどドビュッシー沼の深みにハマり、これが心地よくて抜けられない。

 

…とそんな感じで、自分なりに練習を積んで挑んだ1本目の8月上旬。
フルマラソンでいうなら、レース前の20kmペース走みたいな位置付けね。


結果はまずまず。
新たな課題も見つかったけど、2週間後に控えたド本命の舞台には間に合いそう。
と、一安心。

そしてお盆明けの日曜日。次の会場は某市民会館大ホール。

そんなに緊張はしてなかったのに、冒頭でテンポが乱れてしまい、一気に心が乱れてしまいました。

後はボロボロ…( ;∀;)

あんなに頑張ったのに。
日課の筋トレとストレッチも犠牲にしてピアノに向かったのに。

ラソンでいうなら序盤突っ込んで、15km位でヘロヘロになって「もう歩いてもいいよね。いっそ止まってもいいよね…」とボロボロになりながら、気力だけで前に進むって感じかしら?

や、やっぱり舞台には魔物がいる...。

 

そんな無念の演奏。エンディングの1分だけ恥さらしに上げちゃうわ!!

改めて聞いたら無念さが再び込み上げてきたわ(。>ㅅ<。)くぅ~っ!

この撃沈ぶりを目の当たりに見た娘、我が身にも危機を感じたのか、次の日から真面目に練習に取り組んでました。そしてそつなく本番を終えました。良かったね^^;

 

...まぁよい。
人生は敗者復活戦だ。
私はまた、初心に帰ってコツコツと練習することにするわ。

 

でも、大阪マラソンまではマラソン優先ね。

ピアノの夏が終わったら、マラソンの秋じゃ( •̀∀•́ )b

 

\ピアノ沼も悪くないけど、マラソン以上に時間を取られるのが難点ね。お帰りの前にいつものコレ、頼んだわよ!/

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ このブログは今何位?→にほんブログ村 マラソン女性ランナー